北海道名物の鮭を美味しく味わえるおすすめ料理3選


できたて熱々で食べたい!ちゃんちゃん焼き

鮭の漁獲量が多いことで知られる北海道を訪れたら、様々な調理法で鮭を味わってみましょう。大きめの鉄板の上で鮭や野菜を焼いて、味噌やバターで味付けするちゃんちゃん焼きは、豪快さが特長の漁師料理のひとつです。家族や仲間と鉄板を囲み、できたて熱々のちゃんちゃん焼きを分け合いながら食べれば、楽しい旅の思い出が作れます。自宅で食べる料理とはまたひと味違った、鮮魚に恵まれた土地ならではの味わいを堪能して下さい。

寒い季節に味わいたい!石狩鍋

雪の降る季節に北海道を旅していると、温かい食べ物が恋しくなってくることでしょう。冷えた身体を優しく温めてくれる鮭を使ったおすすめの料理が、石狩鍋です。味噌をベースにしたほっこりとした味わいの石狩鍋は、良質なたんぱく質を含む鮭と、ビタミン豊富な野菜を一緒に食べられる栄養面でも優れた料理です。野菜類は、一般的な鍋物によく使用する白菜や白葱のほか、ごぼうや大根、人参といった根菜類を入れることも多いのが特徴です。漁業、農業の盛んな北海道産の食べ物をふんだんに食べられる石狩鍋は、北国らしさを感じさせる料理です。

鮮度が命!鮭とイクラの親子丼

加熱調理した鮭も美味しいですが、寿司や刺身など生で鮭を味わうのも美味しいですよね。見た目にも美しく、満足度が高い料理として人気を集めているのが、鮭とイクラの親子丼です。鮭とイクラ、食感の異なる二つの食材を贅沢に載せた丼は、自分好みにワサビや醤油の量を調節しながらゆっくり味わいたい逸品です。丼のご飯は、白米を使うこともあれば、酢飯を使うこともあります。白米、酢飯、それぞれの丼の美味しさを食べ比べしてみるのもいいかもしれませんね。

北海道の旅行は季節やどの地域に行くかによって違った楽しみを味わえます。春のスズラン、夏の富良野のラベンダー、秋の味覚、冬の雪景色など多彩な表情が見られます。