中古車を手に入れるときに注意したいポイント


修理歴を確認してから買うこと

中古車を手に入れるときに注意したいのが、修理履歴があるかどうかです。修理履歴のある車は見た目はきれいでも走るときに癖が出てしまうなどあまりよくない可能性があります。特にフレームなどを直した場合には、はじめはまっすぐ走っていても、長期間運転していると次第に斜めに走るようになるなど、運転している人が恐怖に感じるような走りを見せることがあるため、買わないようにしましょう。大規模な修復歴があるかどうかの確認方法として、ボンネットやドアのナットの状態を確認することです。鉄板をつなぎ合わせた時のつなぎ目もチェックすることを忘れないでください。修理をした経験のある車の場合、たいてい変形や修正された痕跡が残っています。どんな部分を直したのか確認し、買うときの参考にしてください。

走行距離と車の年式を確認する

走行距離が長ければ余り状態の良くない車ではないかと考える人は少なくありません。しかし、走行距離を確認するにあたり、車の年式をも確認しましょう。具体的なポイントとしては、走行距離が短ければ短いほど良いのは、年式が販売されてから10年未満の車です。使用された状態で販売されていることが多いため、安心して乗ることができるでしょう。
10年以上たっている車の場合は、年数が経過している分乗られた経歴があるため、走行距離が長いほうが品質に信頼性があります。10年以上たっている車で走行距離が異常に短い場合、オイルが劣化している可能性やエンジンがかかりにくい可能性があるため、注意してください。買うときに安心して買えるのは、ほどほどに走っている車といえるでしょう。

空飛ぶレンガの愛称で親しまれるボルボの中古車は、多くの部品を純正品として購入できるため、修理しやすい中古車と言われます。